相対性理論(TIPS)シュタインズ・ゲート ゼロ攻略

相対性理論

No
78
Cate
科学
Route
閉時曲線のエピグラフ(2)

物理学者アインシュタインが1905年に発表した特殊相対性理論、および1916年に発表した一般相対性理論の2つを合わせて、相対性理論と呼ぶ。 『E=mc』という公式が有名である。 特殊相対性理論では、以下について明らかにしている。

  • 『物体は光の速さを上回る事は出来ない』
  • 『移動する速さが高速に近付くほど、時間は遅く流れる。光の速さに到達すると時間は止まる』
  • 『移動する速さが高速に近付くほど、長さは縮んでいく。光の速さに到達すると長さは0になる』
  • 『移動する速さが高速に近付くほど、物体の質量は増加していく。光の速さに到達すると質量は無限大になる』

一般的相対性理論では、特殊相対性理論に加えて、さらに以下について明らかにしている。

  • 『大きな重力の場では、時間の流れは遅くなる』
  • 『大きな重力の場では空間は縮む』
  • 『大きな重力の場では質量が増加する』