スーパーファミコン(SFC)おすすめRPG

ドラゴンクエストV 天空の花嫁推し

これまで敵でしかなかったモンスターを仲間にすることができるようになり、これを夢見ていた少年も多かったはず。 最愛の父パパスが目の前で殺され、その因縁の相手と戦い敵をとり、生き別れた母親との再会など、様々な物語が展開する。 また、少年期から始まるストーリー、青年期、成人へと成長していく主人公もドラクエ5の魅力だと思う。

ジャンル
RPG
対応機種
SFC・DS・PS2・iOS・Android
発売日
1992年9月27日
発売元
スクウェア・エニックス

あなたの嫁はビアンカ?フローラ?

最大の盛り上がりは結婚相手を選ぶ場面。 当時小学生ながら友達と「オレはビアンカと結婚する」「いやフローラの方が絶対いいって」などと議論した。

泣けるドラクエ

心をくすぐる要素満載。 親子愛や主人公の結婚、次の世代へと繋がるストーリーなど、プレイしながら感情移入して涙が出るストーリー。 プレイ時間も気にならないくらい入り込んでしまう。

ライブ・ア・ライブ推し

7つのストーリーを好きな順番で攻略する事ができる。 ひとつひとつの話は短いが、どのシナリオも単純明快で誰にでも伝わりやすい内容になっている。

ジャンル
RPG
対応機種
SFC・Wii・3DS
発売日
1994年9月2日
発売元
スクウェア・エニックス

最後は誰もが熱い気持ちになれるRPG

7つの物語をクリアした後も、まだ続きがある喜びとワクワク感を味わえる。 各話の主人公に対する思い入れが強いほど、最終編で全員集合した時の感動も強まるようになっている。

ドラゴンクエストVI 幻の大地

スーパーファミコンで発売された最後のドラゴンクエスト。 グラフィックが綺麗で感動したのを覚えている。 ゲームバランスが良く、サクサクと進む上にシナリオの展開も大変面白い。 転職システムも当時は斬新で必死に時間を費やし、ひたすら熟練度稼ぎをした人も多いだろう。 単調なレベル上げに飽きる人が沢山いた当時、やりこみ度を促進させた名作だと思う。

ジャンル
RPG
対応機種
SFC・DS・iOS・Android
発売日
1995年12月9日
発売元
スクウェア・エニックス

充実したサブイベント

ストーリー、作品のボリューム、BGMの全てが丁寧に作り込まれていると感じる。 各地のボス、キャラクターや職業システムだけでなく、ベストドレッサーコンテストやスライム闘技場など、サブコンテンツも充実していて存分に楽しめる。

スーパーマリオRPG推し

キャラクターの見た目や色合いなど、スーパーファミコンであのグラフィックは素晴らしいと思う。 ゲーム進行もややこしいRPGではなく、世界観も楽しい。 ここまで楽しめたRPGと出会える機会は中々無い。 現代版としてもう一度新たなストーリーでマリオRPGを復活させてほしいと切に思う。

ジャンル
アクションRPG
対応機種
Wii・SFC
発売日
1996年3月9日
発売元
任天堂

意外に壮大な物語

笑いあり、感動あり、少し難易度が高い時もある。 他にも隠しコマンド?のようなものが色々あり、とにかく飽きさせない。 ストーリーも意外に壮大でラストは「感動」しか残らない。

スーパーファミコン(SFC)おすすめアドベンチャーゲーム

ミスティックアーク

7つの世界を旅するアドベンチャーゲーム。 どの世界も少しずつ変わっているのが面白い。 例えば猫の海賊たちが争っている「砂の世界」、人が巨大果物をくりぬいて住んでいる「果物の世界」、色が無く白黒の「みどりの世界」。 ちょっと他では見ないようなラインナップだ。 そしてそのどれもに様々なドラマがあり、新しい世界に行った時の興奮とワクワク感がある。

ジャンル
アドベンチャー
対応機種
SFC
発売日
1995年7月14日
発売元
エニックス

リメイクしてほしい

何度でも楽しめる一生遊んでいられるおすすめゲーム。 アドベンチャーゲームにRPGの要素をプラスしたような印象。 リメイクなどが一切されておらず、SFCでしか遊べないのが残念。 DSやスマホ向きのゲームだと思うのだが...。

© 2020 Sheep+ All Rights Reserved.